二級建築士

夏見 恵利子

完成し、新しく綺麗な状態で良い空間のある家ではなく、人が住み、生活を営むことでその家に活気が生まれ、空間が色づき、家が生きる。
そこに暮らすことで、住み手が日常を通して色々な発見や楽しみを見つけ出していく。
そのような家づくりをしていきたいと思っています。