波多野 郁子

家が建ち、そこで生活をし始め、だんだんと物が充実し、汚れたり傷ができたりしながら、その方だけの「住まい」としての味が出てくる。
私たちの役割は「家」をつくることですが、「住まい」として完成させていくのはお客様ではないでしょうか。
家づくりは、お客様が思い描く「理想の住まい」を実現させるための第一歩であり、基盤になるものだと考えております。お客様が愛着を持って住み継いでいただける住まいになるよう、精一杯ご提案させていただきます。