一級建築士

堀内泰伸

住まいの設計とは様々な制約される条件の中で、そこに住まう暮らしを目で見える形にすることが前提です。そこに住まう、ある人、ある夫婦、ある家族の考え方とか親子関係を観察しながら、どんな暮らし方がこの家族にあっているかを一緒になって見つけていく訳で、その中に、気持ちがいいと感じられることが取り入れられるように心がけていきたいと思います。