スタッフダイアリー

2017.12.02

また冬がやってきました

“寒ぅ寒ぅ”と震えながらファンヒーターを

着けようとすると…

 

2℃!外と同じ…

みなさん、毎年こんな感じではないでしょうか?

 

また冬がやってきましたね!プランナーの岡崎です。

いつもこの時期から“家が寒いの!暖かくしたい!”

というお話を多く伺います。

でもいつものように我慢して乗り切って、

春になって忘れてしまい、

またこの時期になると“家が寒いの!暖かくしたい!”

って毎年言っていませんか?

そうです。そこのあなたです!

 

あったかい = 幸せ

だと私は思います。

今年も残るところ1か月。

来年のお正月は厳しいですが、

再来年のお正月は幸せな冬を過ごしましょうね。

コツは寒いうちに計画を立てることです。

なんでも相談してくださいね。

あったかい展示場でお待ちしております!


\しあわせだニャー/

 

設計プランナー 岡崎 雄一

2017.11.24

インスペクション

設計プランナーの杉森です。

先日、お客様から依頼を受け、

お住まいのインスペクションを実施してきました。

 

まず「インスペクション」て何?

と思われる方が多いと思いますので、

説明させていただきます。

 

「インスペクション」とは、住宅に精通した

「インスペクター(住宅検査士)」が

第三者的かつ専門的な立場から、住宅の劣化状況、

不具合の有無を見極め、アドバイスを行う

専門業務です。

分かりやすく身近な言葉で例えると、

医療における「健康診断」のこと。

 

インスペクションで確認する劣化事象としては、

大きく分けて次の3つがあります。

① 構造耐力上の安全性において、

問題のある可能性が高いもの。

(例:蟻害・腐食や傾斜・躯体のひび割れなど)

② 雨漏り・水漏れが発生している、

または発生する可能性が高いもの。

③ 設備配管に日常生活上、

支障のある劣化が生じているもの。

 

このように住まいの状況を専門的な視点で

確認することによって、り精密な検査や

治療(補修やリフォーム)が必要かを

報告することが可能になるのです。

 

今回のお客様宅は築50年の木造2階建てのお住まい。

インスペクションを行った結果、

ひとつだけ気になる点がありました。

それは、コンクリート基礎の

ひび割れ(クラック)です。

 

 

写真の通り、幅2mm、深さ20mm以上の

「構造クラック」と呼ばれるひび割れが

3箇所発生していました。

幅0.5mm以上のひび割れ、もしくは深さ20mm以上の

ひび割れがある場合、放置すると基礎の強度が

低下してしまい、住宅の重量を基礎が支えきれなくなり、

最悪の場合傾いてしまう可能性があります。

後日お客様には、より精密な検査を行い

今回のリフォームに合わせて

基礎の補強をお勧めしました。

 

基礎のクラックは専門業者に相談する前に、

ご自身でチェックすることができます。

ひび割れの幅を測る際は「クラックスケール」

と呼ばれる道具を使用すると便利です。

ホームセンターなどで数百円程度で購入でき、

基礎だけでなく外壁のひび割れを

チェックする際にも使用できます。

 

また、幅0.3mm以下、深さ4mm以下の

髪の毛ほどの大きさのひび割れは

「ヘアークラック」と呼ばれ、基礎の強度に

直ちに影響を与えることはないとされています。

ただし、たとえ小さなひび割れであっても、

限られた範囲内にいくつも発生している場合は

基礎の構造への影響が疑われます。

そんな時はプロによる診断を検討してみた方が

いいかもしれませんネ。

 

設計プランナー 杉森 英樹

2017.11.17

健康診断

今年も健康診断の季節が近づいてきました。

今年の健康診断は12月の半ば。

あと1か月後です。

(当社の、私に割り振られた日程です。)

 

ご挨拶が遅くなりました。

積算課の加藤と申します。

日々、同じ体勢で机に向かって

事務作業をしています。

摂取したエネルギーを

大して使わない生活の代表格なので、

健康診断となると

途端にドキドキしてしまいます…

 

話は変わりますが、

先日の大きな台風で、

我が家の近所では

蔵の外壁が落下していたり、

弱っていた街路樹が何本も倒れていたり、

ひどいところでは、小屋の屋根が丸ごと

吹き飛んでいるところもありました。

 

近年稀に見る被害の大きさだったなぁと思うとともに、

メンテナンスしていれば

外壁も落ちてこなかったし

屋根も吹き飛ばなかったかも…

という被害でした。

 

普段から、ちょっと危なげな感じも

あったんですよね。

天災ですから、備えていても

避けられないこともありますが…

 

そんなことがあっての健康診断。

台風からメンテナンスの大切さを学んで、

日々の自分の不摂生さを反省する今日この頃です。

『毎朝1時間のウォーキング、

仕事帰りのジム通い、

栄養バランスのとれた食事を毎食手作り、

ジャンクフードも甘いものも興味なし、

生活の基本は早寝早起き』

というのが全く苦にならない、

強い精神力が欲しいです…

 

台風の季節は終わり、

健康診断は私事ですが、

次は雪の季節が迫っています!

皆さまのご自宅の弱っているところ、

今のうちに点検されてはいかがでしょうか。

 

積算課 加藤

2017.11.10

お引渡し

こんにちは。 工務課の宮川です。

今回は、先日お引渡しした現場の

お話をさせて頂きます。


台風一過の秋晴れのなか、

とある現場のお引渡しを行いました。

私がこのお客様と最初にお会いしたのが

去年の10月に住まい診断に来た時です。


それから、お見積り、ご契約となり、着工したのが4月。

そしてようやくこの日を迎える事になりました。

 

お子さんの成長と共にあっという間に

1年が過ぎて行きました。

お客様にとっては様々な打合せの他に、

慣れない仮設の台所やお風呂などで

不自由だった事など、今年は特別な夏に

なったのではないでしょうか。

棟梁を始め、協力業者とスタッフ一丸となって、

お客様の思いを形に出来たと思っています。

 

「ここからが本当にスタートです」と

毎回お引渡しの時にお話ししています。

実際に生活して頂き、健やかに、

やんちゃ坊とおてんば姫の笑い声が

いつまでも続く様に。

 

ありがとうございました!

(設計担当の前田と一緒に記念写真)

工務課 宮川 治之

2017.11.03

秋色

こんにちは。設計の夏見です。

最近めっきり冷え込んで参りましたね。

皆さま、風邪などひかれていませんでしょうか?

 

先日、お客様のお宅でお打ち合わせ

させていただいた際、

奥様お手製の吊るし柿をいただきました。

そのぽってりまるーい姿に思わずほっこりして、

しみじみと秋を感じました。

吊るし始めてから1週間経ったものだそうです。

丸い姿でけなげに並んでいるようで、

かわいいですねぇ。

 

四ツ居アトリエのお庭は

すっかり秋色に染まってきております。

のんびりと縁側で季節を感じながら飲む

あたたかいコーヒーは格別です。

まだ見ぬ皆さま、是非一度、

四ツ居アトリエへお越しくださいませ。

 

設計課 夏見 恵利子