大久保 裕幸

Profile

ご家族の「この家を残したい」という思いを大切にしたいです。
どことなく懐かしさを感じられ、昔を思い出せるような再生ができればと思います。
これから更に何十年も住み続けていただきたいので、ご家族の将来の生活を描きながらご提案することを心掛けています。

宮川 治之

Profile

お客様との出会い・ご縁を大切に、残していきたい・もったいないという気持ちにもお応えした家づくりをと思っています。
家族全員が絶えず笑顔で末永く快適に生活していける住まいづくりのお手伝いをしたいです。

越前町A様邸

2017.09.19

問題だったのは、床下で歪みへこんだ敷居。

よく確認してみると白蟻が活動中でした。

床下の低さ、換気の悪さ、

庭に池があることなどが原因のようです。

2017.09.19

薪風呂

現在のお風呂は薪で焚くお風呂。

お客様のお話では

薪風呂のお湯はなんとも柔らかく、

夕方焚いても夜中まで保温され

暖かいお風呂に入れるそうで、

しかも湯冷めしないそうです。

2017.09.19

リフォームの際、ユニットバスを選択する

お客様がほとんど。

今までにもこだわりを持つお客様から

造りのお風呂のご依頼は何度がありましたが、

薪のお風呂をつくるのは初めてです。

早速、現場監督・左官業者さんと

打ち合わせをしたいと思います。

まだ、どのような形になるかみえていませんが

楽しみです。

 

設計士 大久保 裕幸

2017.08.01

[現場日誌]出会い

今回の施主様(ご主人)との出会いは7年程前。

旧朝日町エリアの特徴である、下屋に昔使っていた

囲炉裏の煙出しを残した外観のお住まいです。

いつもご主人お一人での見学でしたが、

いずれ水廻りを直したいと思っているけど、

まだ子供たちの学費が大変なので…というお話の中、

定期的に見学をして頂いていました。

2017.08.01

お会いする回数を重ねていくと、

お住まいを見ていなくても

いろいろなお話をして頂けるので、

だんだんとお住まいの状況が解ってきます。

 

・実は白蟻の被害があるが、見て見ぬ振りしている事。

・伝統的な外観を残したいと考えている事。

・今でも、薪でお風呂を焚いている事。

・不便さもあるがリフォームしても

また薪風呂を造りたいと考えている事。

など、色々な事を聞かせて頂きました。