大久保 裕幸

Profile

ご家族の「この家を残したい」という思いを大切にしたいです。
どことなく懐かしさを感じられ、昔を思い出せるような再生ができればと思います。
これから更に何十年も住み続けていただきたいので、ご家族の将来の生活を描きながらご提案することを心掛けています。

福井市H様邸

2017.07.27

[現場日誌]出会い

出会いは2012年9月の鯖江市で開催した

民家再生見学会。御夫婦で来場され

20代独身の息子さんと娘さんが

いらっしゃるとの事でした。

息子さんの結婚を見据えながら見学される御両親は

今も昔もたくさんいらっしゃいます。

5年も前なのでどのようなお話をしたか

細かくは覚えていませんが、一つだけ。

見学前後での奥様の表情がとても印象に残っています。

2017.07.27

当社の見学会では受付にて鞄のお預かりと

手袋着用をお願いしています。

(見学させていただいている建物はもちろん、

鞄に傷をつけてもいけないからです。)

見学前、このような説明をする私を見る奥様は

不信感いっぱいの表情でしたが、見学後は

一転晴れやかな表情に変わっていました。

2017.07.27

見学会や展示場など当社を知ってもらえる機会は

たくさんありますが、敷居が高く感じるようで

なかなか入りづらいみたいです。

来て頂けたお客様には笑顔になって頂けるように

準備していますので、是非たくさんの方に

お越し頂きたいです。

2017.07.27

その後も一年に一度くらい見学会に

来て頂ける間柄となることが出来ました。


…時が過ぎ、2017年1月の見学会。

いつもと少し違う感じの御夫婦。

今までは見学だけでしたが、

家の状態も見て提案してほしいとのお話を頂きました。

2017.07.27

よくよく話をしていくと、年頃になった息子さんに

結婚を決めたお相手がいるようで、

親として旧家を再生し準備と応援をしたい

との事でした。

「是非、お手伝いをさせて下さい。」と

計画がスタートしました。

 

設計士 大久保 裕幸