堀内泰伸

Profile

水廻りと床の傷みがひどくなってきており、またお客様をお招きする場所はきれいなのですが、家族がくつろぐリビングや毎日使う台所が暗く使いづらいという悩みをお持ちでした。そこで、四ツ間の座敷を大胆に変更し、9帖のDKを26帖のLDKへ。今のライフスタイルに合わせた間取りをご提案しました。

吉田妃佐子

Profile

歴史ある改修前の建物に愛着を持っていらした施主様。打ち合わせの際に、既存の書院障子や書院欄間、襖の引き手、階段の変木をどこかに再利用したい。そんな漠然とした想いをお伝えいただきました。書院障子と引き手はアレンジを加え丸窓の建具に、書院欄間はトイレの手洗いカウンターの幕板に。階段の変木は同じく想い入れのあった床板と共に玄関の飾り床として再生しました。今回は躯体はもちろんのこと、造作も含めた古民家再生となっています。

上出 幸久

Profile

屋根は、下屋部分をやり替え段差を解消しました。雨水侵入の不安もなく、維持管理のしやすい安心して暮らして頂くことが出来る住まいとなりました。又、既存の笏谷石を加工し直し、玄関に使用。昔の風情ある趣が蘇ります。

越前市D様邸

2014.03.20

完成

外壁は大壁にして建物全体を包み込み、

断熱面を強化すると共に、

漆喰と杉板を張り、化粧し直しました。

2014.03.20

雨漏り対策も含め一部屋根を架け替え、

生涯に渡って維持管理のしやすさもご提案しました。

すっきりと美しい屋根の流れとなりました。

2014.03.20

以前使われていた帯戸に漆を塗り玄関収納の建具に再生。

ポーチも以前使われていた笏谷石を敷き込みました。

2014.03.20

歴史ある建物に愛着を持つご夫婦のために

書院障子と襖の引き手を明り取りの丸窓の建具に、

階段の変木を飾り棚の床柱に再利用しました。

2014.03.20

間取り変更に伴い、新しくつくった和室と

以前の和室を違和感なく二間続きに。

土壁や漆塗り、障子、畳といった

和の情緒を感じられる空間となりました。